大道禅 logo since 1696 / 単立·禅専門道場
~一般人のための坐禅~
お問い合わせ
EN JP
~一般人のための坐禅~
トップページ
Top
大道禅とは
Didozen
坐禅
Zazen
巡礼
Junrei
写経と法話
Shakyo Houwa
滝行
Takigyo
体験談
Taikendan
スケジュール
Schedule
よくある質問
Q&A
トップページ
大道禅とは
坐禅
巡礼
写経と法話
滝行
体験談
スケジュール
よくある質問
content_banner
大道禅とは

宗派にとらわれない「新しい本格的な禅」
職場や家庭を持ちながら「無理なく学べる禅」
「真実の幸福が得られる禅」

大道学舎とは
  • 大道禅を普及することを目的とした団体です。
  • 創立は1969年(昭和44年)
  • 創立者は村瀬大翼師です。

村瀬大翼

大道学舎・学頭。1941年(昭和16年生まれ)。東京都市大学(旧武蔵工業大学)電気工学科卒業。高校の頃から禅の道に親しみ、主に臨済禅、曹洞禅を修行する。
1969年(昭和44年)7月22日、大道学舎を創立。
1975年(昭和50年)遠友庵道場(本部道場)を開設し、大道禅を主催する。
現在は福住道場(江東区)が本部道場。
著書に、禅の本「幸福の花束」、太極拳の本「太極拳健康法」など。

大道学舎 学頭 村瀬大翼

大道学舎のあゆみ
昭和16年 1月24日、東京文京区本郷で村瀬学頭誕生。両親は旅館業を営む。
昭和30年 村瀬学頭、高校生の頃に禅の修行を始める。
昭和44年 6月裏高尾の小仏宝珠寺にて、断食に篭る。
7月22日、御活号を授かる。これが開道の日(大道学舎創立)となる。
昭和46年 1月17日、江東区福住会館で第一回福住坐禅会。
6月27日、第一回初心者の坐禅教室。この頃、太極拳の指導を始める。
昭和48年 1月14~15日、第一次第一回秩父巡礼。
昭和49年 4月1日、太極拳を学ぶ会と命名。
8月1日、新宿駅前路上坐禅開始。
10月27日、横浜伊勢崎まつりで路上坐禅会。その後、銀座・上野・日本橋などで路上坐禅を行う。
昭和50年 5月11日、会員の勤労奉仕で本部道場(遠友庵)開設。
9月23~24日、遠友庵にて第一回土・日接心会開催。
昭和51年 3月21日機関紙「菩提樹」創刊。
昭和53年 1月「太極拳健康法」出版。著者村瀬大翼(出版社新声社)。
5月1~5日、第一回大接心会。
昭和55年 8月14~17日、第一回太極拳合宿。
昭和56年 8月8~13日、第一回太極拳中国研修旅行。上海・杭州方面。
昭和60年 8月9~15日、第二回太極拳中国研修旅行。北京・大同方面。
昭和63年 10月23日、代々木公園で第一回青空太極拳の集い開催。
10月埼玉県所沢の日本青年会議所で禅指導。以降、3回指導。
平成元年 7月23日、清澄庭園の大正記念館で大道学舎二十周年祝賀会を行う。
9月10日、宝珠寺にて、第一回一日滝行坐禅会を行う。
平成2年 2月25日、第一回写経と法話の会開催。
平成4年 8月5~12日、第三回太極拳中国研修旅行。上海・桂林・南京方面で、太極拳と練功十八法の研修。
平成11年 7月18日、錦糸町のロッテプラザにて大道学舎三十周年祝賀会を行う。
3月11日東京都の依頼で都の職員に練功十八法を指導。
平成13年 5月四国遍路始める。
平成18年 5月19~25日、第四回太極拳中国研修旅行。陳家講、長安、洛陽方面で太極拳研修。
平成21年 3月~4月村瀬学頭の「延命十句観音経講義」が仏教専門誌「大法輪」4月号、5月号に掲載される。
平成25年 10月14日 第1回「大仏(高さ10m以上)巡礼・東京湾観音」
1,300年の日本巡礼史上で始めて。
平成26年 2月、禅の本部道場を福住会館(東京都江東区)へ移転。
事務所もシスタービル(東京都台東区根岸)へ移転。
平成29年 5月21日、「大仏巡礼」満願。11大仏と番外3仏を巡礼する。
「大仏巡礼の楽しさ」が仏教専門誌「大法輪」9月号に掲載される。
10月8日、「大仏巡礼発祥の地」の記念碑が、1番大仏の東京湾観音 (千葉県富津市)の境内に建立される。
掲載記事
mail